So-net無料ブログ作成
検索選択
Chapter3 地の底で見たもの ブログトップ
前の10件 | -

Chap.3-16 The Return to Home -帰郷- [Chapter3 地の底で見たもの]


「酷いめにあったな・・・」
 バルフレアが苦り切った顔で土埃に塗れた服を払った。
 フランがくすんでしまった長い銀髪を振ると、それこそ煙のように土埃が舞った。

続けて本文を読む


Chap.3-15 Kerberos,The Imperial Frigate -ケルベロス- [Chapter3 地の底で見たもの]

 パンデモニウムが着艦したのは、砂の舞う飛空艇ポートではなく、砂漠の上空を航行する1隻の飛空艦艇のハンガーだった。

続けて本文を読む


Chap.3-14 The Mimic- Queen -ミミッククイーン- [Chapter3 地の底で見たもの]


 ゼバイア大空洞から北に延びていた狭いトンネルは、すぐに再び鈎のように大きく曲がって、石造りの小さなプラットフォームのような場所に続いていた。

続けて本文を読む


Chap.3-13 The Zebire Cavern -ゼバイア大空洞- [Chapter3 地の底で見たもの]


「それっ!!」
「キィィッ!!」
 火花を散らすケーブルから最後の一匹をヴァンの短剣がたたき落とした。だがミミックは足の半分を失っても、凄い勢いで坑道の奥へと逃げていく。
「待て、こらっ!!」

続けて本文を読む


Chap.3-12 The Flashback -バッシュの回想- [Chapter3 地の底で見たもの]


     .ダルマスカ騎士団が帝国軍によるラミナス陛下暗殺計画の情報を得たのは、降伏文書調印の前日、既に日も落ちてからだった。」

 重い重い荷物を降ろすように、ゆっくりと地に腰を降ろすと、バッシュは話し始めた。

続けて本文を読む


Chap.3-11 The Ogre of the Revenge -復讐鬼- [Chapter3 地の底で見たもの]


 19年前、ガルテア半島の東北に位置するバレンディア大陸で、一つの小国がアルケイディア帝国の猛攻の前に滅び去った。ランディス共和国。ダルマスカ王国騎士団を率い、並ぶ者無き忠義と武勇を称えられたバッシュ・フォン・ローゼンバーグ将軍の故国である。

続けて本文を読む


Chap.3-10 My Little Hero -マイ・リトル・ヒーロー- [Chapter3 地の底で見たもの]


「ブロッホ親分は、またバルハイム地下道かい?」
「ああ、また廃材を調達しにいくんだと。」
 ナルビナを照らす太陽が西に大きく傾き始める頃になっても、外郭西広場を行き交う人々の波は引きも切らない。

続けて本文を読む


Chap.3-9 The Balheim Passage -バルハイム地下道(2)- [Chapter3 地の底で見たもの]


 4人は巨大な鉄格子を前にして足を止めた。
 複線の鉄道線路が南北にほぼ真っ直ぐ走る大坑道は、またもや頑丈なアーチ型のフェンスで仕切られていた。
「ここも電動フェンスか。」

続けて本文を読む


Chap.3-8 The Balheim Passage -バルハイム地下道(1)- [Chapter3 地の底で見たもの]


「ちゃっかりしてるよな、あのオッサン。」
 ヴァンは先頭に立って歩きながら、プリプリとバルフレアに向かって言った。

続けて本文を読む


Chap.3-7 The Junk Collector -ジャンク屋- [Chapter3 地の底で見たもの]


「うわ     ッ!!」
 ヴァンはその男に飛びかかった。
 暗い穴の底、歪んで壊れた檻の前で、2人の男の体が瓦礫の上に転がった。
 千切れた鎖が瓦礫を叩く。

続けて本文を読む


前の10件 | - Chapter3 地の底で見たもの ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。